中小企業診断士ウォッチャーのここだけのお話

中小企業診断士に関することをお伝えするブログです。 特に、中小企業診断士として登録後の世界を中心に書いていきます。中小企業診断士について知っていただければ幸いです。他に、中小企業診断士業界に関する知識や情報、話題や豆知識などを書いていきます。

MENU

中小企業診断士の育て方

知らない世界では、先人の足跡を追うことが大切

中小企業診断士として活動をはじめるということは、今まで経験したことのない世界で活動することです。なのに、自分流で活動をしていく人が多いです。そして、悩む。というのをよく見かけます。知らない世界では、先人の足跡を追うことが大切というお話です。

仕事を頼まれる診断士になるためのビジョンの描き方

診断士として活動するとき、期待に胸を膨らませてビジョンを描きます。その際に自分にばかり焦点を当ててはいけません。というお話です。

2021年の診断士業界の課題:新人診断士と先輩診断士との交流

中小企業診断士のスキルや働き方は、口伝で伝えられていることが多くあります。その口伝は、新人診断士と先輩診断士との交流で行われてきました。しかし、コロナ禍において新人診断士と先輩診断士との交流が減っています。というお話です。

はたらく姿を見てもらうことは大切

中小企業診断士として活動していると、単独行動が多く、クライアント企業以外の方に自分の仕事を見られることはありません。だからこそ、「はたらく姿を見てもらうことは大切」なのです。というお話です。

売っている苦労

この時期になると、Twitterでは実務補習の話が飛び交います。実務補習は診断士になる最後の一歩となります。そして、この先の診断士の方向性を決めるモノでもあります。「できれば苦労を堪能してほしい」というお話です。

診断士活動は楽しむことが難しい

診断士受験と診断士活動を比較すると、診断士活動の方が楽しむことが難しい。というお話です。

知識の咀嚼が大切

中小企業診断士になったばかりのときに頼れるのは、診断士受験で得た知識です。でも、その知識を示すだけではクライアントは納得しません。というお話です。

中小企業診断士のビジネスモデル

中小企業診断士としての知識をつけると、事業の仕組みが見えるようになります。そして、自分自身のビジネスモデルについても考えることができます。というお話です。

自信をもって過信はしない

新人診断士の心配事として、「自分ひとりで経営支援できるのか不安」というのがあります。というお話です。

すごいヒトに倣うというコト

何事でも、他者を倣って、そのヒトの持っているものを身につける場合があります。そのときは、似ているヒトを倣うことを別の記事でお勧めしました。でも、倣うなら、すごい人を倣って、大きく変化したいと考える気持ちもわかります。というお話です。

みんな「近道」が好き

最近、中小企業診断士試験関連の情報をまとめているときに、自分の診断士受験期間のことを思い返すことがあります。そして、思い出したのが「近道」を探していたことです。

中小企業診断士としての型

中小企業診断士として活動を始める前に、できれば通ってほしいのが、プロコン塾です。というお話です。

ライバルだけど敵じゃない

中小企業診断士の活動をしていて、同期の中小企業診断士の活動を見ていると、どんどん自分が置いて行かれるような気がするときがあります。というお話です。

能力は説明するモノでなく、見せるもの

中小企業診断士として提供するモノは目に見えません。自分自身を売り込むためには、いくら説明してもしょうがありません。というお話です。

インプットだけでは足りない、トレーニングしなければ意味がない

中小企業診断士として活動し続けるためには、インプットが欠かせません。しかし、インプットするだけは足りないのです。というお話です。

あなたは仕事でも役職でもない

中小企業診断士の活動をはじめことは、新たな世界に入るコトです。そのため、自分を他人に紹介することが必要になります。紹介するためには自分のことを知る必要があります。自分自身を考えるときにつまずく点として、「あなたは仕事でも役職でもない」とい…

自己紹介でニーズを探る

中小企業診断士の活動をはじめことは、新たな世界に入るコトです。そのため、自分を他人に紹介することが必要になります。紹介するためには自分のことを知る必要があります。少し立ち止まり、人生を振り返ってみましょう。というお話です。

ムチャ振りが診断士を育てる

中小企業診断士として活動しているとムチャ振りをされることがあります。そして、中小企業診断士業界では、それを受けて立つことが推奨されています。というお話です。