中小企業診断士ウォッチャーのここだけのお話

中小企業診断士に関することをお伝えするブログです。 特に、中小企業診断士として登録後の世界を中心に書いていきます。中小企業診断士について知っていただければ幸いです。他に、中小企業診断士業界に関する知識や情報、話題や豆知識などを書いていきます。

MENU

中小企業診断士の先の道(勧誘)

中小企業診断士の活動を長年やっていると、企業の一員として誘われる場合があります。というお話です。
f:id:marco-p:20200929194431p:plain

1.中小企業診断士として活動していると勧誘されることがある

中小企業診断士は日々、経営者にお会いします。その中には、企業の一員として誘われる場合があります。従業員の一人としてという話や業務の一部を担う話などがあります。中には、会社を承継する人もいたりします。

2.中小企業診断士は便利

中小企業診断士に関わってみるとわかりますが、色々なコトをある程度深く知っていて、実際に作業ができるので、社員として抱えると非常に便利なのです。なので、従業員の一人としてのお誘いが来たりするのです。

3.誘いに乗る診断士もいる

独立して全てをやるよりも、自分の能力を発揮できる分野に集中したいという方がいます。そして、収入も安定することから、企業からの誘いに乗る診断士も実際にいます。他にはその企業の将来性に共感し、自ら進んで合流する人もいます。

4.外側と内側

中小企業診断士から従業員になったひとの話を聞いたことがあります。聞いた話では、外部の人として関わっていたときと、内部の人として関わるときでは、勝手が違うという話でした。内部に入ってしまうと、その組織の一員となり、さまざまなしがらみから逃れられなくなる場合があるようです。逆に、独立して活動するよりも組織人としての方が能力を発揮する人もいます。なので、外部と内部のどっちがいいのか一概には言えません。


\ 応援ありがとうございます /

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ

ブログランキングに参加しています。上のバナーをクリックしていただけると励みになります。