中小企業診断士ウォッチャーのここだけのお話

中小企業診断士に関することをお伝えするブログです。 特に、中小企業診断士として登録後の世界を中心に書いていきます。中小企業診断士について知っていただければ幸いです。他に、中小企業診断士業界に関する知識や情報、話題や豆知識などを書いていきます。

MENU

中小企業診断士関連の豆知識

中小企業診断士は専門家集団というもう一つの意味

中小企業診断士は専門家集団という宣伝文句があります。これは、経営に関する専門家という意味で使われますが、もうひとつの意味があります。というお話です。

8ブロック

中小企業診断士の業界団体の「中小企業診断協会」の構造を把握している人は少ないです。所属している会社についてどんな組織か知ることと同じように、中小企業診断士として所属する組織を把握することは大切です。まずは、8ブロックから。というお話です。

何度も受験し続ける夫の姿

中小企業診断士の受験をしている人が書いた話はよく見かけますが、その姿をみている身近な人が書いた話はめずらしいです。書いたのは奥様で、しかも、夫は7回受験しています。というお話です。

中小企業診断士のクラスタ

中小企業診断士の活動領域は広いという事は、他の記事でも書いていますが、広い活動領域の中にさまざまなクラスタが存在します。というお話です。

他人のノウハウを使うことができるのも才能

中小企業診断士は、自分で資料を作りますが、書籍や資料を調べて作ります。一方で、オープンコンテンツとして提供されているノウハウを使うと手間が省けます。でも、誰もがオープンコンテンツをうまく使えるわけではありません。というお話です。

人に仕事を回すというコト

中小企業診断士の仕事をしていると、自分では対応できない案件も回ってきます。そんな場合は、知り合いの中小企業診断士の方へ回すこともあります。というお話です。

中小企業診断士の沿革(黎明期 → 旧制度 → 新制度)

中小企業診断士は、近年、メディアで取り上げられることが増えましたが、70年以上の歴史があります。歴史を知ると、中小企業診断士について理解を深めることができるというお話です。

中小企業診断士は黒子@経営支援

中小企業診断士の仕事のうち「経営支援」は、機密保持のために宣伝がしにくい分野です。仕事がうまくいった時だけではなく、関わった事すら人に言えません。そのためfacebookへの投稿が食べ物の写真になるのです。というお話です。

協会からの案件の構造の秘密

中小企業診断士の活動をはじめると、案件の情報を探すようになります。その情報の中に「協会からの案件」の話があります。でも、中には、「そういう案件は回ってこない」という人もいます。というお話です。 0.解説 1.協会からの案件は回ってこない? 2…

中小企業診断士人生の選択を迫る者

中小企業診断士人生には多くの分岐点があり、その選択がのちの人生に大きな影響を与えるくじ引きのような側面があります。その分岐点において、一定の方向に選択を迫る人がいます。というお話です。

昭和の香り

中小企業診断士の活動に参加していると、昭和時代にタイムスリップをしているような感覚になることがあります。

中小企業診断士登録証は中小企業診断士になったことを実感するガジェット

中小企業診断士として登録しないと絶対手に入らないモノが「中小企業診断士登録証」です。勉強仲間が一足先に、中小企業診断士の登録を済ましたときに嬉しそうに見せて自慢していたことを思い出します。

中小企業診断士活動の2つの負担

中小企業診断士は、たくさん懇親会を開催します。活動に参加すると懇親会にも参加することになります。中小企業診断士にとって懇親会は、需要な情報交換の場ですが、お酒が好きだということも否定できません。

働き方改革は、社労士診断士に聞こう!

中小企業診断士として活動していると、中小企業に関するさまざまなことに応える必要があります。今、中小企業に求められている「働き方改革」についても把握しておくことが必要です。そんな時、頼りになるのがマルチライセンスの社労士兼診断士の方です。 1…

実務補習 昔のツールその2 ワープロ

中小企業診断士の歴史は長いです。中小企業診断士の活動をしていると世代を超えた交流があって、昔の話を聞くことができます。 1.パソコンなき実務補習 2.ワープロ 3.ワープロでの報告書は、二行ごとに一行空ける 4.診断士歴が25年以上のベテラン診…

中小企業診断士の活動をはじめたら、土日のスケジュールを埋める

1.予定は向こうからやってこない 2.何をすればいいのでしょうか?ヒントは既に手にしている 3.まずは、土日のスケジュールを埋める 1.予定は向こうからやってこない 予定は向こうからやってきません。中小企業診断協会に入会しても同じです。では、…

中小企業診断士をめざしたきっかけ

中小企業診断士をめざすきっかけは、さまざまです。きっかけから、中小企業診断士になった人たちのそれぞれの物語が見えます。 1.将来、経営陣になる準備として、経営に関する知識の補充するために 2.中小企業診断士との出会いから 3.出向や定年退職の…

プロフィールを作ろう

中小企業診断士として活動をはじめると、プロフィールの提出を求められるようになります。いざ、プロフィールを作ってみるとなかなか難しいものです。 1.プロフィールのタイププロフィールとはどんなものか?数行の短いものからA4サイズの用紙に1枚程度の…

はじめの一歩は、覚えてもらうこと

中小企業診断士として活動をはじめて、中小企業診断協会に入会したあと必要になることは、「覚えてもらうこと」です。 1.あなたを知るための時間はない中小企業診断士として活動の中で多くの人に会うようになります。会話はしますが、自分のことを詳細まで…

実務補習 昔のツールその1 OHPとガリ版

中小企業診断士の歴史は長いです。中小企業診断士の活動をしていると世代を超えた交流があって、昔の話を聞くことができます。 1.パソコンと実務補習 2.電卓と手書きの実務補習 3.OHPと模造紙 4.ガリ版 5.時代に合った実務補習 6.OHPとガリ版の…

SMECAとSMEC

SMECAとは中小企業診断協会の英語表記の頭字語です。では、SMECとは何でしょうか? 1.SMECとはSMECA(Small and Meduim Enterprise Management Consultant Association)からA(Association)を取り除いたものなので、協会ではなく中小企業診断士(Small a…

変わらないために変わり続ける中小企業診断士

中小企業診断士の試験を多年度受験していると、去年はなかった新しい知識が必要になるコトに気が付きます。 中小企業を支援する施策や制度が変わり、経営を支援する新しいITの技術が普及し、法律が変わるので当たり前だと考えますが、その当たり前が中小企業…

「知って得する診断士業界の裏技!? その8 「中小企業診断士の活動に関する情報の見つけ方(にほんブログ村)」」

中小企業診断士に関する情報はあふれています。しかし、検索してTOPにでてくるものは「試験」に関するものばかりです。しかし、中小企業診断士の「活動」に関する情報がないわけではありません。どうすれば見つかるのか?見つけ方を1つご紹介します。 1.…

知って得する診断士業界の裏技!? その7 「中小企業診断士の活動をはじめるまえに、Facebookアカウントを作ろう」

中小企業診断士として活動をはじめる方で、Fackbookのアカウントを持っていない人は今のうちに作っておきましょう。スタートダッシュが違います。 1.中小企業診断士の「活動」に関する情報は、Facebookの中にある中小企業診断士として活動をはじめると、中…

中小企業診断士の資格は「足の裏の米粒」という悪口は古い

中小企業診断士の資格に対する悪口として「足の裏の米粒」という言葉をご存じでしょうか?意味は... 1.足の裏の米粒(悪口)の意味「足の裏の米粒」の意味は、「気になるけれど、取っても食えない」です。資格として取得したいと気にはなるけれど、実際に…

東京のプロコン塾事情とインプットに対する考え方

東京には多くのプロコン塾があります。東京都中小企業診断士協会と6支部のプロコン塾を見ていきましょう。 1.東京都中小企業診断士協会と6支部のプロコン塾東京都中小企業診断士協会と6支部のプロコン塾は次のようになります。中央支部以外は、それぞれ…

中小企業診断士の道の先

中小企業診断士の3つの道のお話で、「企業内診断士」「独立診断士」「事業家」の3つの道があることを書きました。当たり前のことですが、1つの道をずっと続けるわけではありません。 1.3つの道は交差している「企業内診断士」の後に、独立して「独立診…

企業内診断士の4つのタイプ

企業内診断士の活動についてまとめられたレポートがあります。そのレポートを紹介します。 1.企業内診断士活動の先進事例集 企業内診断士の方々のキャリアパスの参考になって、さらなる活躍につながるために、企業内診断士の事例をまとめた「企業内診断士…

立食パーティーの作法

立食パーティーに馴染みのある方は少ないと思います。中小企業診断士として活動を始めると、立食パーティーの機会が増えます。美味しい料理が並び、色々な種類のお酒も並びます。慣れない立食パーティーで恥を書かないようにしましょう。 1.中小企業診断士…

11月4日は「いいしんだんし」の日!?

「中小企業診断士の日」をご存じでしょうか?11月4日です。