中小企業診断士ウォッチャーのここだけのお話

中小企業診断士に関することをお伝えするブログです。 特に、中小企業診断士として登録後の世界を中心に書いていきます。中小企業診断士について知っていただければ幸いです。他に、中小企業診断士業界に関する知識や情報、話題や豆知識などを書いていきます。

MENU

2020年、独立診断士のリアル(後編)

中小企業診断士として独立して生活するためには何をすればいいのか?独立までに何をして、独立後何をするのか?分からないことだらけですが、それをまとめた特集が月刊「企業診断」5月号に掲載されました。というお話の後編です。

2020年、独立診断士のリアル(前編)

中小企業診断士って、収入ってどれくらいで、普段どんな生活をしているのか?イメージしにくいですよね。そして、そんな生活するためには何をすうればいいのか?分からないことだらけですが、それをまとめた特集が月刊「企業診断」5月号に掲載されました。と…

400記事をブログで書いてみた

約9カ月の間、毎日欠かさずという訳にはいきませんでしたが、400記事をこのブログで書いてきました。現在、感じていることのお話です。

独立診断士88人から見える「独立の源泉」

企業診断ニュースの連載のひとつ「プロコンライフ」で独立診断士88人を取材した方のお話です。

剛腕診断士

「剛腕診断士」は、「企業診断」の2020年5月号のP115に掲載された連載中の「中小企業診断士ウォッチャーの見聞録」のタイトルです。連載の第23回目です。

伝説の合格者たち

「伝説の合格者たち」をご存知でしょうか?書店で売られている月刊「企業診断」の連載のひとつです。というお話です。

プロコンライフ

「プロコンライフ」を知っているでしょうか?中小企業診断協会に入会すると送られてくる「企業診断ニュース」に掲載されている連載のひとつです。というお話です。

中小企業診断士の別れ

中小企業診断士として一緒に活動していると、それなりに親しくなります。でも、中には突然の別れになることがあります。というお話。

ミラーニューロンと中小企業診断士

中小企業診断士になって交流するようになった人たちの中には、すごい人も多くいます。交流しているだけでも、自分が変わっていくように思います。ミラーニューロンが働いている!?というお話です。

「経営支援」の9割は中小企業・小規模企業

中小企業診断士の中には、「大企業を相手に仕事するのがイイ」と主張する人がいます。確かに、大企業と仕事をしている中小企業診断士の人もいます。では、「実際のところはどうなのか?」というお話です。

地味な診断士

中小企業診断士をしていると、活動が活発で輝いている中小企業診断士が目につきますが、一見地味に見える診断士も、実は、しっかりと活動しています。というお話です。

スター診断士

毎年、新しい中小企業診断士が誕生します。そして、その中からスター診断士が誕生しています。というお話です。

「機会がない(20.6%)、自信がない(11.6%)」(中小企業診断士の活動を行っていない理由③)

中小企業診断士の資格を取得しても、中小企業診断士として活動しない人もいます。活動していない理由のひとつ「機会がない、自信がない」についてのお話です。

「勤め先の仕事を優先している(36.8%)」(中小企業診断士の活動を行っていない理由②)

中小企業診断士の資格を取得しても、中小企業診断士として活動しない人もいます。活動していない理由のひとつ「勤め先の仕事を優先している」についてのお話です。

「資格を自分の仕事に生かしているから(12.3%)」(中小企業診断士の活動を行っていない理由①)

中小企業診断士の資格を取得しても、中小企業診断士として活動しない人もいます。活動していない理由のひとつ「資格を自分の仕事に生かしているから」についてのお話です。

アウトプットの効果

ブログを開始して、200日が過ぎました。投稿した記事は386になりました。アウトプットを継続してみて、改めて思うことがあります。というお話です。

施策の実行支援@中小企業診断士の仕事「経営支援」

中小企業の経営コンサルタントとしての役割を期待されている中小企業診断士の仕事の中で、一番、中小企業診断士らしい仕事です。今回はそのプロセスの中の「施策の実行支援」のお話です。特に語られない領域のお話です。

提案@中小企業診断士の仕事「経営支援」

中小企業の経営コンサルタントとしての役割を期待されている中小企業診断士の仕事の中で、一番、中小企業診断士らしい仕事です。今回はそのプロセスの中の「提案」のお話です。

施策策定@中小企業診断士の仕事「経営支援」

中小企業の経営コンサルタントとしての役割を期待されている中小企業診断士の仕事の中で、一番、中小企業診断士らしい仕事です。今回はそのプロセスの中の「施策策定」のお話です。

課題策定@中小企業診断士の「経営支援」

中小企業の経営コンサルタントとしての役割を期待されている中小企業診断士の仕事の中で、一番、中小企業診断士らしい仕事です。今回はそのプロセスの中の「課題策定」のお話です。

ヒアリング@中小企業診断士の「経営支援」

中小企業の経営コンサルタントとしての役割を期待されている中小企業診断士の仕事の中で、一番、中小企業診断士らしい仕事です。今回はそのプロセスの中の「ヒアリング」のお話です。

事前準備@中小企業診断士の「経営支援」

中小企業の経営コンサルタントとしての役割を期待されている中小企業診断士の仕事の中で、一番、中小企業診断士らしい仕事です。今回はそのプロセスの中の「事前準備」のお話です。

中小企業診断士は専門家集団というもう一つの意味

中小企業診断士は専門家集団という宣伝文句があります。これは、経営に関する専門家という意味で使われますが、もうひとつの意味があります。というお話です。

中小企業診断協会、47都道府県協会

中小企業診断協会は、各都道府県にあります。それぞれ、特長があります。まずは、知ることからはじめましょう。というお話です。

「テレホーム(実家)」を実現して、中小企業診断士としての武器を1つ手に入れる

今のご時世。リアルな帰省は我慢しましょう。zoomの使い方を両親に教えるのも親孝行です。テレワークの知識を活用してテレホーム(実家)を実現しましょう。そして、中小企業診断士としての武器を1つ手に入れる。というお話です。

8ブロック

中小企業診断士の業界団体の「中小企業診断協会」の構造を把握している人は少ないです。所属している会社についてどんな組織か知ることと同じように、中小企業診断士として所属する組織を把握することは大切です。まずは、8ブロックから。というお話です。

令和2年度の新人診断士の動き方

令和2年度はいつもの年と違い、4月に「緊急事態宣言」が出されて、不要不急の外出の自粛が求められています。そのため、イベントや勉強会など集会が中止になっていることが多く新人診断士の方達は苦労しているようです。では、どうすればいいのか?というお…

中小企業診断士第1次試験案内

中小企業診断士試験の1次試験について詳しく書かれているモノが、「中小企業診断士第1次試験案内」です。というお話です。

新人診断士への先輩のキモチ

中小企業診断士になった人が誰でも通る道が「新人診断士」です。その後、色々なことを経て「先輩診断士」となった人達が、新人診断士の人たちが活動しやすいようにしたいと思って、やっているのがプロコン塾です。というお話です。

何度も受験し続ける夫の姿

中小企業診断士の受験をしている人が書いた話はよく見かけますが、その姿をみている身近な人が書いた話はめずらしいです。書いたのは奥様で、しかも、夫は7回受験しています。というお話です。